勝手にご紹介−6★コーチングって知ってますか?


 ついこの間、

 1月26日発行のメルマガでご紹介した、

 うっちいこと、コーチングの内田さとえさんのサイトを

 ご紹介しますね。
  http://blog.coachingsc.com/

 
 妻野は、知らない方のHPやブログを訪ねたとき、

 まず、どこから見るか。

 プロフィールから、見ます。


 ネット上では、本名や本当の職業を明かしていない方も

 多いものですが、どんなふうに書いているかを見るだけで、

 結構、その方の雰囲気や口調、性格が透けてみえてくるものです。

 名前を明かしていないから、

 普通では言えない、赤裸々な自分史を書いている方だってあります。



 で、うっちぃさんのサイトですが、

 にっこり笑った写真付きで、書いてあるプロフィールの中身、

 もっと聞きたいような要素がいっぱいです。

 だってニックネームが「単車ころがすシスター」なんですって。

 興味がわくでしょう。

 
 あちこち読んでみると、

 以前は「シスターみたい」「先生みたい」と言われることの

 多かったうっちぃさん、でもそれがコーチングに出会って、
 
 ちょっと違ってきてるみたいです。

 封印していた自分を改めて取り出し、

 自分のそういうところと仲良くできるようになったんですって。


 かつては、本当に単車に乗ってたとか、

 いろいろな仕事についたことがあるとか、

 かなりのやんちゃしていたことがあるとか、

 お水のお仕事も知ってるとか…

 密かにたくさんの体験を持つうっちぃさんのコーチングは、

 人への優しさに満ちてるのだろうと想像できます。


 ここは、コーチングとは何かを、

 出し惜しみなく、たっぷり語ってくれるサイトです。

 コーチングは、

 多くはビジネス場面での人間関係で使われていますが、

 それだけでなく、親子や夫婦の間でも役立つ考え方です。


 どうしてこうなっちゃうのと、

 こじれる人間関係をお持ちの方、

 自分を見つめ直したい方、

 ぜひ一度のぞいてみてください。

 お勧めします。

   
    きょうも応援クリック、1つよろしく!
    曇り空にがっかりの妻野に元気を与えます。
    人気blogランキングへ
 
posted by 妻野 at 11:58 | Comment(2) | 勝手にご紹介

1月30日◆「ロハスな塾」からのダイレクト・メールに怒る

 我が家には、現在中学3年生がいるので、

 そういう年代の子に必要と、いろんな会社のみなさまが、

 まあ、お金をかけて、ダイレクト・メールをくださるのです。

 
 ベネッセの「進研ゼミ中学生講座を受講しませんか」のDMは、

 ずいぶん何度も来ましたが、さすがにもう受験本番直前ですから、

 来なくなりました。

 2月初旬に私立高校、

 2月23日には都立高校の一般入試ですからね。



 そうしたら、

 今度は、高校生活中のケガや事故から守るとかなんとか、

 傷害保険屋さんからのDM、

 Z会の高校講座、

 そして、きょう来たのが、早稲■塾。


 で、それが今、話題の「ソトコト」っていう雑誌の

 表紙そのままの、小冊子付きDMなんですね。

 ソトコトは、ロハスを広める、

 ロハス・ピープルのための生活マガジンなんだそうだけど、

 うーんと妻野はうなりました。


 DMそのものは、

 ロハスな存在じゃないぞ、と。

 ご丁寧に、その冊子の表紙の右下には、

 小さく「ゴミ、捨てんなよ!」とまで書かれていたりして。

 笑えませんでした。



 中学生相手に、商魂たくましく、

 ロハスまで引き合いに出して、

 カラー写真どどーんと入れて、莫大なお金をかけて、

 莫大な量のDMを作り、送りつけてくる。

 それが、ロハスな塾って言われましても…でした。

 その上、捨てるなだって。

 「じゃ、元から、こんなゴミ送ってこないでよ」と

 言いたくなってしまったのです。



 この塾、

 ロハスな空間のある塾・予備校部門で、

 第1位ということらしいのですが、

 いやはや、これこそ、オトナのいやらしさを、

 見せつけられたような感じがして、

 やれやれな気分。

 
 ロハスって、

 こんなことしてまで商売の道具に使われちゃうのかと、

 げっそりした、きょうの午後でした。

 そして、

 帰ってきた息子が、

 そのDM、ちらっと見たものの、

 まったく興味なしだったのが、私としては痛快でしたので、

 ちょっと腹の虫もおさまりました。


 中学生にロハスだよーって言っても、

 ダメダメ。
 
 モノのわかるオトナは、こんなこと、

 しちゃいけませんね。


    きょうも応援クリック、1つよろしく!
    妻野の怒りもおさまります。
    人気blogランキングへ
 
posted by 妻野 at 22:13 | Comment(0) | きょうの妻野

勝手にご紹介−5★オーロラを見て暮らす

 きょうは、この寒い季節だからこそ、

 おすすめのホームページです。

 「オーロラ・ライブ」
  http://salmon.nict.go.jp/awc/contents/index.php


 見ての通りのオーロラを見せてくれるホームページです。

 この冬の季節は夜が長く、オーロラを見るには、

 絶好の季節です。

 日本時間のお昼過ぎ12:20〜真夜中1:44が、

 夜にあたるので、そのときに見てみてください。

 それ以外の時間でも映像は見れますが、

 空が明るいので、もちろんオーロラは出ていません。
 
 
 画像は、ほとんどリアル・タイムで、

 アラスカの研究機関「北極域国際共同研究グループ」から送られてきます。

 デスクトップチェッカーという機能を使うと、

 パソコンで作業しながら、

 デスクトップのはじっこで、

 今のオーロラはどうかな?なんていうことが、

 チェックできるんです。


 マイナス40度の世界からくる映像と思うと、

 不思議ですが、音がないことがかえってよくて、

 まさに「静謐」という感じの風景です。



 このライブカメラがある場所は、

 アラスカ・フェアバンクス郊外の

 アラスカ大学・ポーカーフラット実験場。

 撮影された画像は、高速データネットワークの実験用回線で、

 日本へ準リアルタイム転送されています。


 この準リアルタイムというのは、

 最新映像は静止画像で、5分おきに更新という形をとっているからです。

 これまでの特にすばらしかったオーロラを撮影した

 早送りの特選映像も見ることができます。

 丁寧なサイトの歩き方の説明もあるので、

 ぜひ探検してください。


 この研究グループの方々からのメッセージを、

 一部そのまま引用しますね。

   オーロラは視覚的に美しく、誰もが見たい・感じたい

   と思う自然現象です。

   そのオーロラをライブで楽しむことができるこのサイトを

   通じて、一般の方々にはまだなじみの薄いかもしれない

   私たちの研究活動についても知ってもらいたいと思っています。


   また、オーロラを科学の分野で接している私たちがこのサイト

   運営することによって、サイトを楽しむ人たちが、科学研究の

   現場にも興味を抱いてもらいたいと思っており、その延長線で、

   子供たちが科学の分野に夢や目標を抱くことができればとても

   嬉しいことだと思っています。


 ということなので、あなたの身近にいる子供たちにも

 ぜひ、教えてあげてくださいね。


      面白かったら、ぜひ1クリック!
      妻野のがんばり、どこまで行ったか、見てみてね。
      人気blogランキングへ


     
posted by 妻野 at 07:07 | Comment(0) | 勝手にご紹介

1月28日◆妻たちの反省に思うこと

 26日夜遅くに配信した

 妻野のメルマガ第9号「毒になる妻」は、いままでになく、

 妻たちから反応をいただきました。


 「夕べも私は毒を吐いてました…

  でも、それに気づくことができて、よかった…」

 というような反省の弁を述べられる方が多くて、

 妻野としては、かえって痛々しい気分になってしまいました。


 つまり、

 そう言ってこれらた方の多くが、

 主婦業のかたわら仕事を持ち、

 いわゆる、まじめにがんばっている方々だったからです。


 そういう方の日常は、こんな感じです。

 がんばる毎日→疲れがたまる→気持ちの余裕がなくなる

 →気持ちがささくれてくる→人の悪いところが目に付く

 →不満や怒りが表に出てきてしまう

 そんなとき、メルマガを読んで、

 いたく反省される――

 理解力も判断力もある方が、そうなってるんです。


 妻と夫、

 少し前にくらべれば、家の仕事の分担が上手に

 できるようにはなってきているけれど、

 やっぱり、妻がかかえる負担の大きさは、

 かなりのものなんだな、ということを改めて、

 思いました。


 にもかかわらず、

 夫をはぐくむ「夫育て」をしたい、

 そう思っておられる、そのけなげさに

 打たれるものがありました。


 
 妻野として、

 「毒になる妻」で言いたかったこととは、

 夫に何の不満も言わず、自分の思いは隠して、

 笑顔を常にたたえて、耐えて耐えて耐え抜くような、

 そんな妻を提唱したかったのではありません。


 夫に言いたいことを、

 きちんとした話し合いでなく、

 日常的にくりかえされる、

 おきまりの捨てぜりふのような形で伝えようとするのは、

 やめましょうよ、と言いたかったのです。

 受け皿のない怒りや不満は、

 吐けば吐くほど、

 それらは家の中に行き場なく、漂い、

 空気をどんどんよどんだ状態にしてしまうからです。


 
 夫婦間のじっくりとした話し合いが、

 いつでも即座にできるわけではないでしょうけれど、

 それをできるだけ、お互いに受け入れていこう、

 いつでも逃げないで、向き合おうよ、

 そういう取り決めを受け入れる雰囲気があるだけで、

 実際に向き合って話さなくても、

 問題の相当部分は解決していくようにも

 感じる23年目の私たちです。

    
    あなたの1クリックが妻野を上へ押し上げます。
    さあ、きょうは何位かな?
    人気blogランキングへ
posted by 妻野 at 23:58 | Comment(0) | きょうの妻野

今週のめるまが■9■毒になる妻

 
 『毒になる親』って本があるんですよ。

 子どもへの虐待について、かかれた本です。

 原題が、TOXIC PARENTS です。


 このタイトルは衝撃的でしたね。

 でも、実は中身の方がもっと鋭く、深いのですが…。

 ま、それにあやかったというか、

 借りちゃったというか、

 そんな今回のタイトルです。


 家族内でのこういう毒、

 一番タチが悪いのは、じわじわと持続してしまいがちなこと。

 軽いんだけれど、

 ずっーっと続いてしまう。

 これって、あとあと思った以上の影響が出ますよ。


 妻と夫、

 一応、オトナですから、子どもほど非力ではないけれど、

 やはり、毒はいけませんね。

 毒は、じわりじわりと広範囲にまわります。

 そして、次世代にまで残ったりもします。

 こわいでしょう。

 だから、元から断ちましょう。

 と、言うことで――

 

第9号 毒になる妻

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.01.26


 ◆そのひとことが毒に


 毒になる妻って、ちょっとすごすぎるタイトルかと思いましたが、

 きょうは、これで行くことにします。

 毒になる、つまり、夫を痛めつけ、ダメにしてしまう、

 そういう妻のことです。


 あたしは違うもん、とお思いの皆様、

 毒にもいろいろありまして、

 軽い毒、きつーい毒、

 じわじわ効いてくる毒、さまざまございます。

 毒のセールスやってるみたいな気分になってきますが、

 そうではなくて、

 今、はやりのデトックス、毒出し…

 いやいや、毒を出すんじゃなくて、毒を出さないように、

 妻が毒の発生源になるのはやめましょうという話です。


 夫との会話、コミュニケーションがまったくないという方は、

 こんな「夫育て」めるまがなど、お読みにならないだろうという

 前提で言いますが、

 夫とのやりとりで、知らず知らずのうちに、

 毒を盛ってるみたいなこと、してませんか?


     つづきは、こちらから。
     メルマガは、一週間たつと、最新号に更新されます。
     ぜひ、購読登録を。
     http://www.mag2.com/m/0000175968.html

posted by 妻野 at 23:58 | Comment(2) | 今週のめるまが

1月25日◆おすすめメルマガに選ばれる!

 実はきのう、

 それも遅い時間に気づいたことですが、

 メルマガでお世話になっているまぐまぐ!さんの

 ウィークリーまぐまぐライフスタイル版1月23日号で、

 まぐまぐ編集スタッフが選ぶ

 「おすすめメルマガ@ライフスタイル」の一つとして、

 妻野のメルマガ「夫をプロデュース」が

 なんとトップに紹介されていたんです。


 テキストだけのじゃなくて、

 カラフルな方のウィまぐです。

 見てみたい方は、こちらから↓
   http://www.mag2.com/wmag/life/060123/


 そのせいでしょう。

 きのう、おとといと、

 むむ、どうして?と言いたいくらいに、

 ブログのアクセス数がいつになく増えて、

 びっくりしていたんです。

 で、どこから来てるのかなと、たどってみたら、

 そういうことでした。

 
 これも、妻野のメルマガ愛読者の皆さんの

 お支えがあればこそ、でございます。

 メルマガ上でもごあいさつしますが、

 まずは、こちらにお越しの、いっそう濃い愛読者の皆様に

 ブログを通して、御礼申し上げます。

 おかげさまで、

 この数日で100人以上の方々が、

 あらたに購読してくださることになったみたいです。


 思いがけないことって、

 ホントにうれしいですね。

 ブログの毎日更新も、コツコツと続けますね。

 
 それから、

 このごろ、コメントをくださる方がじんわりと

 増えてきたので、コメントの表示を変えました。

 ツリー表示とかって言う、

 ぱっと見て、どの記事に、どなたから、いつ来てるかが、

 わかるようにしました。

 右側の下の方、スクロールしてくださると、

 見えるでしょう。


 まだ、コメントくださったことない方も、

 よろしかったら、ひとこと書き残してくださいまし。


 ではでは、またあした。
 
posted by 妻野 at 22:00 | Comment(0) | きょうの妻野

1月24日◆日本にロハスを紹介した大和田さんのこと

 ロハスって、聞いたことありますか?

 ロハス=LOHAS

 Lifestyles of Health and Sustainability

 この頭文字を取って、ロハスです。

 2002年に、このアメリカ生まれの考え方を、

 日本に本格的に紹介なさった大和田順子さんという方から、

 きのう、メールをいただきました。


   妻野加賀美さま

   お元気ですか?

   いよいよ本が発売になりましたので、お知らせします。

   今、アマゾンのランキングで総合103位(1/23 11時現在)

   にきています。

   明日には日経と朝日に広告が出るので、今週が最初の山です!

   妻野さんをはじめ、皆さまのお力を借りて、一人でも多くの方に

   知っていただきたいと思います。


 と、こんな出だしで、

 講談社から1月20日に発売されたばかりの本、
 
 『日本をロハスに変える30の方法』のことを教えてくれました。

 まだ、私も手にいれてないので、

 アマゾンで見てみると、こんな感じ。

   人の健康と地球環境の持続可能性を志向する

   ライフスタイル「ロハス」。

   マーケティングの世界では、このロハスを志向する人々を

   「ロハス層」と呼んでおり、現在日本人の約3割を占め、

   21世紀最大の消費者層として注目されています。

   本書は、この「ロハス層」の心をつかんだビジネスを展開し、

   着実に売上げや実績を伸ばしている40社・団体を取材し、

   その成功のポイントをまとめました。


 副題が、BUSINESS LOHASですから、

 このロハスを自分のお店やお仕事にいち早く

 取り込んで、新しいライフスタイルに合ったモノや
 
 サービスの提供を考えましょう、という内容が主です。

 でも、これ、

 妻野にとっては、とても興味あるんですね。

 私は、別にそういうことを仕事としているわけでは

 ありませんが、自分の取り組みということだけでなく、

 自分のまわりの企業や自治体に、

 よりよいやり方を要望していくためにも、

 こんなに努力してるところがあるんだとか、

 こんな共生のあり方がある、なんてことを知っておきたい、

 そんな気がするんです。

 これって、知りたがり屋の妻野だけのことかしら。



 この大和田さんとは、まだお会いしたことはないのです。

 メルマガを通して、お知り合いになった方です。 

 大和田さんのHPには、こう書いてあります。

   "LOHAS(ロハス/ローハス)"とは、

   アメリカ生まれのコンセプトで、
 
   Lifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字を

   とったものです。

   意味としては、「健康や環境に配慮し、持続可能な社会を

   志向するライフスタイル」のことで、

   コロラド州ボールダーで1997年頃に命名されました。


   日本には、2002年9月に、

   私が「日経新聞」や「日経エコロジー」に

   第6回LOHAS会議の様子を含め、誕生の経緯、市場規模、

   LOHASコンシューマーの特徴などレポートを寄稿し、

   紹介したことで知られるようになりました。


 私も、雑誌の特集やいろんな方がロハスに関心を寄せて

 書いておられる文章など読んで、関心を持っていたところに、

 たまたま大和田さんのメルマガを知り、去年購読し始めたのです。

 その後、メールのやりとりを通じて、だんだんと、

 この方、すごい方なんだと、わかってきて…。

 という具合の出会いでした。


 もし、この本のこと、

 もう少し知りたいなと思った方、

 ぜひ、ここをクリック。

 大和田さんのメルマガの最新号に飛びます。
   http://blog.mag2.com/m/log/0000172361

 今週月曜日に出たばかりの号が、

 この本の内容の特集記事になっています。

 目次や読んだ方の感想など、いたれりつくせりの

 ご紹介になってます。


 もっとすぐ、見たい方はこちらからアマゾンでどうぞ。

 さっき見たアマゾンでは、もう47位にまで来ていました。

 これからの時代の大事なキーワードになる

 ロハス、もっと知りたくなったでしょ。

   日本をロハスに変える30の

方法 ― BUSINESS LOHAS


 あっ、最後に。

 大和田さんのHPも知的刺激に満ちた内容です。
   http://www.owadajunko.com/

 メルマガのバックナンバーや、

 ロハス的生活に役立つ話がいっぱいありますし、

 HPに行けば、こんな無料レポートも、もらえますよ。

 【さっそく明日から始めるLOHAS −LOHAS(ロハス)入門講座】


    ブログランキング、がんばっています。
    どうぞ、妻野を上へ上へと押し上げてやってください。
    人気blogランキングへ

posted by 妻野 at 15:23 | Comment(2) | きょうの妻野

1月23日◆ひとり鍋

 きょうの東京、

 日差しはあるのですが、

 時々、強い風が突風のような感じで、

 ビューッと吹き荒れています。


 ひとり鍋って、言葉、ご存じですか?

 そんな言葉があるんですね。

 きょうの昼間、たまたま見たTVでそんな言葉を聞きました。

 先日の「おひとりさま」に続き、

 このごろの食の風景を象徴する言葉なんでしょうか。


 そう思ってアマゾンなどで見てみると、

 2000年にすでに『ひとり鍋のすすめ』なる本が

 出版されています。

 そういえば、

 「ひとりだと、鍋物なんかあんまり食べられない…」っていう、

 そんな話、ありましたね。

 単身赴任のご主人なんか、きっとそういう思いをしてるのかも。


 ひとり鍋でネットを検索して、

 よそさまのブログなど読んでみると、

 ひとり鍋して、材料が余ってしまって、

 また翌日も鍋をして、そのために買い足した材料が、

 またまた余ってしまい…なんて話が出てました。

 ひとりの悲哀?

 いや、ただのおおざっぱな買い物?


 
 先日、週末におすすめの豆乳鍋のレシピなど、書きましたが、

 うちでも、今、鍋物は人気あります。

 けれども、

 それぞれが食べる時間が一致しないので、

 どうしても週末とか、みんながそろうときにしか鍋物はできない。

 そう思っていました。


 でも確かに、

 工夫次第で、小さな土鍋を用意すれば、

 ひとり鍋形式でやれるんだと気づきました。

 鍋焼きうどんの感じですね。

 ちょうどいい、鍋焼きうどん用の小さな土鍋があるし…。


 これはいいや、と、

 今夜さっそく、塾におでかけ前の中学生に、

 鳥の水炊き・ひとり鍋版を出してみることにします。

 鍋って、野菜がたっぷりとれて、

 こんな寒い冬には、

 からだの中からほかほかに温まる、それもいいですよね。

 うどん好きの息子には、仕上げにおもちとうどんを入れようっと。

 いいアイデア、いただきっ!で、

 次は、買い物、買い物と張り切る妻野でした。


 今夜のごはん、もう決めました?


    あなたの1クリックが妻野に元気を与えます。
    妻野のブログランキング、どこまで行ったか、
    今すぐ1クリックで、見てみてね!
    人気blogランキングへ
 
posted by 妻野 at 13:04 | Comment(4) | きょうの妻野

1月22日◆雪かき風景、人それぞれ



 天気予報の予報がピタリと当たり、

 きのうの東京は、明け方からぐっと冷えて、

 さらさらの粉雪が降り始め、夕方までしんしんと降りました。


 そして、夜はもう降っていなかったのですが、

 車の往来で溶けかかった道路の雪が、

 夜中のうちに、バリバリに凍って、

 朝は、

 我が家の外で、車が入ってくるたびに、

 バリバリ、バリバリと音がしていました。


 昼前には、しっかりとお日様が出てきましたが、

 やはり気温が低いせいか、思ったほど、自然に溶けてくれません。

 そこで、マンション住民の皆さん、

 それぞれの車のまわりから、雪かきを始めました。



 もちろん、我が家もです。

 うちは、奥まった駐車場所ではないので、まだ助かっていますが、

 それでもガリガリの氷にならないうちに、

 雪かきしておくと楽なので、がんばりました。


 夫がいれば、もちろんやってくれるところですが、

 なんときょうは、午後から仕事があって、

 その下準備やら、身支度でいそがしそうなので、

 私が雪かき担当です。



 自前のしっかりした長靴もあるし、

 寒さは結構平気ですから、張り切ってやりました。

 そこで、感じたことです。



 あるおうちは、ご夫婦で仲良く出てきて、

 自分の車の周辺がすめば、みんなが通る歩道や、

 排水溝のところをさらに雪かきしておられる。

 でも、あるお宅は、

 だれも出てこない。

 ご自分の車にどっかりと雪が乗っかったまんま。

 ご年配の方のお宅というわけでもありませんが、

 我、関せずなんでしょう。

 一方、

 もくもくと修行僧のように押し黙って、

 ガジガジに凍った路面をスコップでけずるIT関係にお勤めの若いお父さん。

 バキッと大きな氷を引きはがすのが、快感になっているらしい

 様子なんですが、無表情です。

 うろうろしているだけで、あんまり働いてない年配のおじさんは、

 融雪剤の袋をかかえ、白い粉を花咲じじいのように、

 あちらにパラッ、こちらにパラッとまいてみたりして、

 お茶をにごしている。

 完全に溶けてしまった道路脇には、

 自分の車のエンジンをガンガンとアイドリングしながら、

 我が車の泥おとししか興味のない青年。

 そんな、いろいろな様子の

 我が近隣の人々を見て、けっこう楽しんだ妻野でした。


 かく言う私は、

 自分の車の周囲とその延長のエリアをさっさかやって、

 12:30に鳴るようにセットしてあった

 携帯電話のアラームを合図に、

 ちょうどお昼となりました!とばかりに、

 「では〜♪」と立ち去ったのであります。

 ご近所がらみの共同作業は、

 自分のところばっかりじゃ、ダメですね。


 雪はうれしいけれど、

 雪かきは…と、そのたいへんさを久しぶりに思い出した

 妻野でした。

 雪は、夫のヒマな日に降ってほしいものです。


 みなさんのところの雪、どうでした?


    妻野のブログランキング、どこまで行ったか、
    1クリックで、見てみてね!
    人気blogランキングへ
    あなたの1クリックが妻野に元気を与えます。
    
posted by 妻野 at 17:50 | Comment(0) | きょうの妻野

1月21日◆忘れないこと

 きょうは、大学入試のセンター試験の日ですね。

 うちの息子は、まだ中3ですから、関係はないのですが、

 同じく受験生の身。広範囲で、雪が降るなんて言われていますから、

 受験生に幸多かれと、どこか人ごとではいられません。



 それから、

 さらに、追加のななみちゃん募金報告です。

 きのうの募金合計額、こうなってました。

 現在募金金額 (1月20日現在)116,004,438円


 各紙夕刊にも出ていましたが、目標額に達したので、

 これで募金は終了しますということです。

 ただ、各所に設置されていた募金箱などもあるようなので、

 しばらくは口座を残しているようです。

 そして、

 これからも、ななみちゃんのこと、忘れないで見守っていく、

 それが、ここまで応援した私たちの今後の課題ですね。


 この「忘れないこと」これがとても大事なことだと思います。

 災害でも、紛争地域でも、

 一時的な気まぐれの援助はできます。

 でも、そこでたいへんなことが起こっていたことを

 ずっと忘れないでいる、

 それは結構、むずかしいことです。


 去年11月に国境なき医師団のボランティア医師をなさっている方の

 講演を聴く機会がありました。

 この講演の最後のしめくくりのお話は、

 援助に行った先の人々が、ボランティアの人に最後に言うこと、でした。

 それは「私たちのこと、忘れないで」

 だそうです。


 あ、あーそうだったかーと、思いました。

 頭ではわかっているつもりでも、この今の日常は、

 あまりにも忙しく、せわしないですからね。

 この「忘れないで」は深く胸にきざんでおこうと思いました。


 これと同じです。

 ななみちゃんのことを忘れない、

 それが私たちが次にできる、大切なことです。

 自戒をこめて、ここに書きますね。


 以下は、ななみちゃんのご両親のごあいさつです。

 =======================

 ななみちゃんを救う会HPより
  http://nanami-chan.com/

 皆様からの温かいご支援ありがとうございます(01/19)


 皆様からの温かいご支援ありがとうございます。

 これほどまでに早く渡米のスタートラインに立てるとは

 想像もしておりませんでした。

 私たち夫婦と同じ位に七海を助けたいという皆様の思いを

 強く感じ、非常に心強く感じております。

 現在、渡米の諸手続きを進めております。七海を早くあち

 らに連れて行き、元気な姿を皆様にお見せできるよう頑張り

 ますので、引き続きご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

                    中山明・美紀子

 =======================

 人ごとではなく、

 ずっと、

 忘れないでいようと思います。


    おっととと、ランキング下がり気味なんです。
    あなたの1クリックで応援してください。
    その一押しで、妻野を前へ。
    人気blogランキングへ


 
posted by 妻野 at 04:43 | Comment(0) | きょうの妻野

今週のめるまが■8■失敗のないネクタイ選び


 今週のめるまがも、

 前回に引き続き、ネクタイの話です。

 調べれば調べるほど、ネクタイって奥が深いモノなんだと、

 わかってきました。

 
 でも、どこかお店に買いに行っても、

 そんな知識をもっているような店員さんにはなかなか出会えません。

 実は、この妻野も、

 むかしむかし、学生時代に、

 アルバイトで、百貨店のバーゲン会場の

 ネクタイの売り場を担当したことがあります。


 そういうとき、結構、お客様から相談されるんですね。

 「これ、どう?ボクに似合う?」

 「45歳の主人にどうかしら?派手すぎる?」

 とかとか、そういうことです。

 もちろん、

 アルバイトごときに商品知識の指導なんかまったくありません。

 それなりの誠意を持って対応しましたが、

 正直言って、わからないこともありましたが、

 適当に答えてしまいました。


 それから、時代は移り変わったというものの、

 よほどの専門店でないかぎり、

 お店での販売の実態はそんなところではないかしら。

 ぜひ、この際、基本を学んでくださいね。

 

第8号 失敗のないネクタイ選び

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.01.19


 ◆Vゾーンの印象で雰囲気が変わる


 もちろん、女性の胸元のVゾーンではなく、

 男性のVゾーン、

 つまり、スーツの胸元に見えるワイシャツとネクタイの組み合わせ。


 これがきりっと決まっていると、

 本人だって、その日一日の気分がものすごくいい。

 それくらい、男の人のみだしなみで最も目立つところです。

 
 ですから、ここぞと神経を使ってあげてください。

 人柄のイメージをアピールするところでもあります。

 日頃、あまりネクタイしないというご主人にも、

 ここ一番決めたいときのネクタイ、用意しておいてあげてください。

     つづきはこちらから
     一週間たつと、最新号になります。
     ぜひ、購読登録しておいてね!
       http://www.mag2.com/m/0000175968.html
posted by 妻野 at 19:30 | Comment(4) | 今週のめるまが

1月20日◆こんなテーラーが近くにあれば…

 きのう、発行したメルマガ、

 もっと早い時間に出したかったのですが、

 結局、遅くて、忸怩たる思いです。


 うちの夫にこんなこと言えば、

 きっとこう言われますでしょう。

 「キミには、早め仕事は無理なんだから、

  そんな予告して、自分をしばる努力がムダなんだよ。

  初めから、早い時間に出しますなんて言わなきゃいいんだよ」って。

 そうなんです。

 わかってるけれど、

 そう、努力したかったのに…。


 ま、そんなぐじぐじしたところもある、

 そんな妻野でもついていってやろう、

 そんな方、どうぞ、末永く成長を見守ってやってください。

 変な言い訳でスミマセン。


 
 さて、

 きょうは、ぜひご紹介したいテーラーがあります。

 ネットでネクタイのことを調べるうちにみつけた

 そのテーラー、HPの中身がすばらしい。

 いずれメルマガでもご紹介したいと思うくらい惚れ込んで

 しまいました。

 
 三重県四日市市にあるテーラー、

 つまり紳士服をあつらえてくださるお店なんですが、

 その仕事へのこだわり、

 世間のさまざまな洋服についてのご意見、

 着こなしの話など、

 読んでいて、その人柄にふれた感じのするHPでした。


 勝手にここでお名前をあげるのも、

 申し訳ないので、一応、URLだけ書きますので、

 関心のある方、どうぞHPをごらんになってみてください。

 目次をクリックすると、

 ご主人ご自身がお書きになったさまざまな話が読めます。


 ああ、こんなテーラーが近くにあれば、

 いろんなことが相談できていいのになーと

 ため息が出てしまったほどです。

 http://www.tailor-kasukabe.com/

    きょうも続く、妻野の挑戦、
    あなたの1クリックで応援してください。
    その一押しで、元気が出ます。
    人気blogランキングへ

   
   
 
posted by 妻野 at 13:38 | Comment(0) | きょうの妻野

1月19日◆ななみちゃん募金、目標額達成!

 1月12日以来、あちこちで呼びかけられていた

 腎臓障害を持つ生後9ヶ月の女の子・七海ちゃんが

 アメリカで移植手術を受けるための募金、

 驚くほどの短期間に、目標額に達しました。

 
 夕べはまだ更新されていなかった募金額が、今は更新されて、

 現在募金金額 (1月18日現在)96,648,536円と

 なっています。

 以下、HPからの転載です。

 =======================

 ななみちゃんを救う会
 http://nanami-chan.com/

 目標金額に達しました(01/19)

 本日(1月18日)、募金額が目標金額の9000万円に達しました。

 1月12日の記者会見後から募金を開始して、このような短期間で

 目標額に達することが出来ましたのも、皆様の心温まるご支援の

 おかげでございます。本当にありがとうございます。

 七海ちゃんの命を救う為には、アメリカへの安全な移送、

 安全な移植が行える年齢までの透析、緊急時のドナーの確保、

 手術の成功と、乗り越えねばならない壁がまだいくつもあります。

 状況については随時、ホームページ等で報告させていただきます

 ので、今後も暖かく見守ってください。

 また、救う会としての今後の対応につきましては、早期に決定し、

 掲載させていただきますので、今しばらくお待ち下さい。

 =======================

 以上が、最新の情報です。

 ご協力いただきました皆さん、

 ありがとうございます。

 重ねて、お礼を申し上げます。

 
 文面からもわかるように、

 募金の目標額は達しましたが、

 ほんとうの治療は、まだまだこれからです。

 解決すべき課題は、たくさんあります。

 その一つ一つがどうかうまくいきますように、

 あとは念ずるしかできません。

 「七海ちゃん、がんばれ!」



 改めて、ネットの呼びかけの浸透力のすごさを感じました。

 でも、これが悪用されないように、

 自分でも確かな目を持たねばと、そういうことも思いました。

 今回の経緯は、

 きっと誰もが目をみはるスピードだったと思います。


 正しい情報でこのようなことが一気に行われるのは、

 歓迎すべきことですが、

 しかし、一度でも悪用されれば、このような募金にしらけてしまうのも、

 一気に波及することと思います。

 どうかそういうことが起こりませんように、

 起こさせないぞというみんなの点検の目も大事ですね。


    ブログランキング、
    こちらもおかげさまで健闘しています。
    どうぞ、きょうも後押しの
    1クリックをよろしくお願いします!
    人気blogランキングへ


 
posted by 妻野 at 07:20 | Comment(4) | きょうの妻野

1月18日◆ななみちゃん募金のその後

 16日深夜に、

 「先立つ不幸」というタイトルで、

 ここに書き込んだ、

 腎臓に障害のある赤ちゃん、ななみちゃん募金のこと。

 ご報告します!

 すごいです。

 現在募金金額 (1月17日現在)76,142,741円にまでなっています。


 ここにご紹介したとき、2650万円くらいだった募金額が、

 たった2日間ですが、ネット上のブログやHPで、

 各マスコミでも、

 一気に取り上げられたおかげで、どんどん増えてきました。

ありがとうございます。


 以下は、ななみちゃんを救う会のHPにアップされている

 ご両親からのきのう1月17日の七海ちゃんの様子です。

 安心できない状況が続いています。

 これだけみんなの気持ちが集まったのですから、

 早く何か、次の段階の治療へ進めるとよいのですが。

 =========================

 ななみちゃんを救う会
 http://nanami-chan.com/
 
 七海の状態について(01/17)


 七海と私たち夫婦への皆様からの多数の励ましのお言葉

 ありがとうございます。


 七海の状態ですが、今まで使用してきた首の静脈のカテーテルの

 付け根の皮膚が化膿したため取り除き、太腿の静脈に新しいカテ

 ーテルを挿入し、こちらで血液透析を継続しています。

 幸い血液検査の結果に大きな炎症反応はなく、また七海の状態は

 安定しています。ただ、生命線のカテーテルを使える箇所が一つ

 減ったことにあせりを感じています。

 今日まで使用してきた首のカテーテルは、先生や看護士さんと

 運に助けられて約1ヶ月もの間もってくれましたが、太腿はどうし

 ても不衛生になりやすい場所なので、どのくらいもってくれるのか

 非常に心配です。

                      中山明・美紀子

 =============================



 小さな砂粒でも、たくさんたくさん集まれば、

 大きな山になるんだと、実感します。

 もし、あなたがまだ募金していないという方でしたら、

 ぜひ、協力してあげてください。

 私は16日深夜に、ネットバンキングで募金しました。

 きょう、うちの息子にも、

 お年玉から少し出しなさいと言ってみようと、

 思っています。


 そうすると、こどもたちが、

 ななみちゃんのニュースを見るときの気持ちも変わってきて、

 遠いところの「人ごと」ではなくなるのではないかしら。

 あなたの周りのこどもたちにも、

 協力を呼びかけて、

 とりまとめてあげてみてはいかがでしょうか。



 銀行の二つの口座に加えて、郵便局の口座も

 きのう、あらたに開設されました。


 募金振込先

  ◇郵便局    00100-0-614956 ななみちゃんを救う会
 
 
  ◇三菱東京UFJ銀行

  横浜駅前支店 (普通)3108935 ナナミチャンオスクウカイ

  ◇横浜銀行

  横浜駅前支店 (普通)3150914 ナナミチャンオスクウカイ

 ◇名義が、ナナミチャンヲスクウカイではないのでご注意を!


      どうぞみなさん、よろしくお願いいたします。

      そして、みんなのやさしい気持ちが活かされますように、

      祈るような気持ちでいます。

        妻野のブログランキング挑戦も続いています。
        ぜひ、1クリックして、
        妻野の挑戦をお助けください。
        人気blogランキングへ
posted by 妻野 at 01:28 | Comment(2) | きょうの妻野

1月17日◆稼がない夫・許す妻

 きょう、昼間にお会いした方から、こんなことを聞きました。

 「夫育てって考え方、面白いけれど、

  ボクは、妻は夫にきびしいところがないとダメだと思うよ」


 この方、男として、夫として、

 ここ数年で、かなりのバージョンアップを果たしてきた方です。

 新しく事業を始めたりして、いわゆる起業して成功してきた人です。

 夫の立場からの夫育てについての意見を、

 じかに言ってくださる方は少ないので、

 「え、それって、どういうことですか?」

 と、即座に聞いてみました。


 すると、その返事がこうでした。

 自分のところには、このごろ、女性で起業したい人、

 雇われるだけでなく、なにか自分でもっと稼げるようになりたい人、

 そういう人からの相談が、結構ある。

 でも、その相談者の夫が、

 あんまり稼ぎのない夫だったり、

 時には、まったく稼ぎのない状態だったりする。

 「そういうことがわかると言うんです。

  ここに相談に来るべきは、あなたじゃなくて、
  
  ご主人の方なんじゃないのって」

 「女の人が、そういう男を甘やかしてるのはよくないよ。

  ちゃんと稼いでよって、きちんと言わなくちゃ」

 「ボクなんか、奥さん、結構締める人だったから、

  稼ぎが悪いと、はっきり言われたもの」


 それを聞いたとき、

 私にも思い当たることが、すぐにいくつありました。

 この妻野のまわりにもいます、います。

 外でバリバリ働いている、頭もいい、手際もいい、

 収入もしっかりある女性、そういう人のパートナーが、

 バイト程度の仕事しかしてない…、

 今の仕事に満足せず、不満ばかり言いながら、

 でも、自分で新しい世界を切り開くでもなく、ずっと相変わらずであるとか、

 妻の収入が上回っていることに負い目を感じつつも、

 ものすごく気をつかっているのは妻の方だったりとか。


 それって、確かに、

 夫を甘やかして、そういうくすぶった状態を、

 結果的には、妻が温存させるように助けている格好になっている。

 そういうことって、あるなーと思いました。



 収入に絡む話って、確かに切り出しにくくなるものです。

 日々がなんとか成り立っていると、よけいに。

 自分が優位に立っていると、よけいに。

 差し迫って困ってないと、よけいに。


 改めて「あなた、どうなのよ。どう考えているの」と日常の中で、

 妻が夫を問いただしていくのって、

 切り出す側の方が、エネルギーのいることです。

 摩擦を起こさずに、するすると流れる方向に、

 ほったらかす方が楽です。

 
 でも、やっぱり、

 言わなきゃいけないことがあるとしたら、

 夫婦だからこそ、はっきりさせる。

 それをはずしてはいけないんだなと、

 再確認しました。

 でないと、時間経過とともに、

 妻自身が、なんで一人でこんなにかかえこんでいるんだろうと、

 疲れがオリのようにたまってくるのは、

 目に見えてますものね。


 小さいことでも、そうです。

 ほんとは、夫に言いたいけれど、

 あなたが、漠然と我慢していることって、

 ないですか?

 それが、ほんとうに夫のためになっているか、

 点検してみましょうね。

 愛情をそそぐことと、

 相手を許して、勝手なことさせるのとは、

 違うこと。

 それを思う、きょう一日でした。

   ブログランキング、がんばってますよ〜♪
   おかげさまで、25位以内にとどまってます。
   このおかげで、新しい読者が毎日、来てくれています。
   きょうも、ランキング・チェックしてね。
   人気blogランキングへ

   
 
posted by 妻野 at 23:59 | Comment(4) | きょうの妻野

1月16日◆先立つ不幸

 「先立つ不幸」

 この言葉、わかりますか?

 あれ?と思った方、いますか?



 かつては、自殺する若者が親に向けて書き残す遺書の言葉として、

 「先立つ不孝をお許しください」は、定番中の定番でした。

 そうです。

 不幸ではなくて、不孝です。
 
 先に旅立ってしまって、親孝行できないことを詫びる言葉だったのです。

 親にとっては確かに不幸なことですが、

 本人からすれば、不幸でなくて、不孝です。

 
 インターネット上で検索すると、

 正しい「先立つ不孝」330件、

 誤った「先立つ不幸」804件です。

 誤用の方がたくさん出てくるのです。

 言葉は時代とともに変化するとは言っても、

 本来の意味は大事、と思いました。



 ところで、なぜ、この「先立つ不孝」を思ったかと言うと、

 愛読しているメルマガの最後に付け加えられていた

 この話からです。


 七海ちゃんという生まれながらにして腎臓に障害を持つ

 赤ちゃんのことです。

 生後6ヶ月のななみちゃんは、

 早急にアメリカに渡り、移植しないかぎりは、

 2月末まで生きている可能性は1%以下という赤ちゃんなのです。


 それで、

 緊急に、マスコミに情報を流し、

 街頭やネット上でも、募金活動が行われています。

 渡航して手術を受けるためにかかる費用をみんなで応援するためです。

 目標9,000万円ですが、

 さっきHPで確認すると、

 きのう1月15日までに、26,527,476円しか集まっていないとのこと。

 
 私も、きょうネットバンキングを通して、募金しました。

 もし、この妻野のブログをお読みの方で、

 お気持ちのある方、少しでも応援してあげてください。


 ななみちゃんを救う会のHPによれば、

 ご両親は、ななみちゃんのこと、

 生まれる前から障害がある赤ちゃんだと宣告されていて、

 生まれた直後に亡くなるか、生きてもほんのわずかの間と

 言われていたそうです。

 にもかかわらず、奇跡的に半年間以上、がんばってきたのです。

 一時は退院するほどにまでなっていたそうです。


 一度はあきらめた命がこうしてがんばっている、

 それをなんとかしてやりたいと思う。

 それは、親としては当然のことでしょう。



 募金方法、ご両親からのメッセージなど、
 
 このHPからご覧ください。

   ななみちゃんを救う会 http://nanami-chan.com/

 募金振込先 
 
  ◇三菱東京UFJ銀行

  横浜駅前支店 (普通)3108935 ナナミチャンオスクウカイ

  ◇横浜銀行

  横浜駅前支店 (普通)3150914 ナナミチャンオスクウカイ

 ◇名義が、ナナミチャンヲスクウカイではないのでご注意を!

 
 もう一つのお願い。
 ブログランキング挑戦中の妻野に
 ぜひ、1クリック。
 25位以内にしっかりくいこんでいます、見てね!
 人気blogランキングへ
 
posted by 妻野 at 20:44 | Comment(0) | きょうの妻野

1月15日◆おひとりさまのススメ

 一人でレストランでお食事、したことありますか?

 このごろ、20代から30代の女性の一部に人気の

 「おひとりさま」について、TVで特集してました。


 はい、私、

 もう30年前から、やっておりました。

 もともと、一人旅が好きだったので、

 その道中では、おひとりさまでの行動になりますよね。


 ただ、私の場合、行く先はほとんどが友だちの家でしたから、

 おひとりさまになったり、

 連れがあったり、そういう状態の旅でした。


 ですから、

 そんな、わざわざ「  」に入れて特集すること?

 と、昔からおひとりさまの妻野は驚きました。


 ま、いまどきのおひとりさまは、

 お金がかかってるんですね。

 高級ホテルに泊まり、

 シャンパンで始まるディナー、

 エステのコースで癒され、

 高層階から見る都心の夜景を楽しむ…。

 自分へのごほうびとして、一晩で5万円使っちゃう、そういう感じ。



 一人で行動できる自信を得るための一人旅、

 一人でモノを考える一人旅、

 男女問わず「いいものですよ」とおすすめしたい。

 それは、昔もそうですが、

 今も変わらず、そう思います。

 別に、そこまでお金をかけなくても、

 面白い体験はできます。

 日帰りだって、できます。


 特に、主婦の生活に埋もれている方には、

 ぜひぜひ、すすめたいですね。

 違う自分に出会える、

 新鮮な体験になることを保証しますよ。

 小さな荷物を片手に、旅に出よう!

 人に気をつかって、群れてばかりいないで、

 自分のわがままで行動してみましょうよ。


   ブログランキング、思いがけないことになってます。
   25位以内にしっかりくいこんでます。
   感謝です。
   見てやってください。
    人気blogランキングへ

posted by 妻野 at 23:59 | Comment(0) | きょうの妻野

1月14日◆これから妻になる人に会う

 きのうの夜、

 ある女性に会いました。

 お食事をごちそうして、

 そして、早めの結婚プレゼントを渡しました。


 30代の入り口の彼女、

 あと少しで、大阪の男性と結婚するのです。

 まったく友だちのいない街へいくのです。

 小さなお部屋で新しい生活を始めるのです。


 外見は、細身でかわいらしい人ですが、

 話の中に、すごくしっかりした考えがちらちらっと見える人で、

 東京を離れる前に、一度ゆっくり話してみたかったのです。

 いつもは人がたくさんいるところでしか出会えない人なので、

 おばさんがご飯をおごるからと、

 呼び出したのです。


 私は、吸血鬼ではありませんから、

 若い子の血を吸って、少しでも若返ろうなんて、

 思ったわけではありませんが、

 以前から、一度二人きりで会ってみたい、

 そう思わせる人だったのです。


 実際に、二人で初めて会ってみると、

 しっかり目を見て話す彼女の真摯な様子、

 思ったとおりの人だと思いました。

 うちの娘より少し年上なだけですが、

 話すことは物怖じせず、ストレート。

 気持ちのよいまっすぐな人でした。


 ご両親との関係で悩んでいたことまで、聞いてしまいました。

 そして、これから暮らす人には癒しを感じるから、

 自分がもっと楽になれる気がすると。

 話を聞きながら、

 本心から、幸せになってねと思いました。



 そして、

 夕べの出会いで、

 私と彼女は、

 年齢差を越えて、ずっとずっと、

 話をしていけそう、そんな気がしました。

 家族だと、お互いに、

 言葉選びにも配慮がなかったり、

 遠慮なく立ち入って、いやな思いをさせたり、したり、

 すぐ煮詰まってしまったりしがちなのが、

 他人だからこそ、節度あるオトナの関係になるのかも

 しれませんね。


 いつか必ず、大阪に行くからね、また会おうねと、

 約束しました。

 「ええ、ぜひ!待ってます」と言われて、

 絶対に行くぞと思いました。
 


 みなさん、

 オトナの友だち、いますか?

 ○○ちゃんのお母さん、

 近所の人、

 学校の友だち、

 そういうことを離れても、

 ずっとずっと、つきあっていきたい人、

 そういう人です。

 いろんな年代層のそういう友だち、

 少しずつでも増やしていきたい妻野です。

 年齢を重ねるごとに、そういう友だちはほんとうの財産になります。

 
  ブログランキング、がんばっています。
  妻野に1クリック。
  人気blogランキングへ
 
posted by 妻野 at 18:44 | Comment(0) | きょうの妻野

1月13日◆この週末におすすめ!キムチ入り豆乳鍋

 週末は、急にあったかくなるから雪崩に注意と

 天気予報のおじさんは言っていますが、

 そんなこと、信じられないくらいのきょうの寒さです。


 きょうの東京、

 曇っていて、日差しがなく、とても寒いです。

 こんな寒い日におすすめの鍋料理をお教えしますね。

 お父さんの料理としてもおすすめです。


 今が旬のカキを使った豆乳鍋です。

 キムチも入って、フーフーあつあつのこの鍋を食べると、

 からだが芯から温まります。


 材料は、カキ・豆乳・白菜キムチ・セリ・白ごま・水

 豆乳は、飲みやすくしたタイプでなくて、そのまま豆腐が作れます、

 というような濃厚タイプを使いましょう。

 キムチは、できればちょっと高級なタイプ。

 化学調味料でなく、アミやイワシの塩辛が入ったのを使うと

 ぐんとおいしくなります。

 セリは、今すぐないなら、大根の葉やカブの葉など、

 緑の葉っぱならなんでも使えます。

 セリを使えば、春の薫り高い鍋になります。


 手順は、簡単。

 1.キムチをごま油を少し入れたフライパンで炒めます。

   このとき、白ごまを一緒に炒めます。

   さっと炒めたら、水を加え、鍋にこげついたうまみも

   残さず、こそげとって土鍋にうつします。

   キムチの容器に残った汁も入れます。

 2.土鍋のキムチに、豆乳を加え、煮立ったら、

   カキを入れ、一煮立ちしたら、

   ざくざく切っておいたセリを入れます。

   さっと火が通れば、できあがり。


 味付けは、キムチからでるうまみ・塩味・カキからでるうまみ、

 その味がどのくらいでているか、確かめた上で、

 整えましょう。うちでは、つゆの素みたいな醤油ベースの

 だしを加えて、ちょっとだけ味を足しました。

 濃すぎないように注意して、いつもより薄味に仕上げ、

 おつゆもみーんな飲み干すくらいの方がおいしいですよ。



 この冬、一度やってみてください。

 キムチの辛さも豆乳でやわらぎ、

 辛いのが苦手な人にも食べられます。

 白菜は、普通に鍋に入れた白菜のように中でなじみます。

 カキが苦手なら、別のものに置き換えてもできるでしょう。

 我が家風にアレンジしてみてね。


 詳細な分量が知りたい人は、こちらで↓
 http://allabout.co.jp/gourmet/cookingmen/closeup/CU20041218A/

 この鍋、食べたくなったら、
 ぜひ1クリック。
  人気blogランキングへ
 
posted by 妻野 at 14:38 | Comment(0) | きょうの妻野

今週のめるまが■7■ネクタイ、どうやって選んでますか


 あけましておめでとうございます。

 
 今年はじめてのメルマガでしたから、

 このごあいさつを入れるべきところを、

 見事に忘れてしまいました。

 ごめんなさい。

 言い訳とともに、ここに書き留めておきますね。

 
 それから、年の始めから、配信時間が遅くなってしまったこと、

 これもお詫びせねば、です。


 夜更かし妻野、夜になるとエンジンかかります。

 がぜん元気が出るんです。

 ですが、木曜日配信なのに、

 こんな夜中に配信では、金曜配信と変わらないじゃないかと、

 ご不満の方も多いことでしょう。


 で、今、気づきました。

 水曜日の夜、がんばればよいのですね。

 そうすることにします。

 では、

 この間ご紹介した「すごい考え方」流の宣言で行きます。

 むにゃむにゃと

 「こうしたらいいんだけどなー」じゃなく、

 表明いたします。

 《今年のメルマガは、木曜日の早い時間に配信いたします!》


 ということで、

 今年一年、メルマガともども、どうぞおつきあいください。


 

第7号 ネクタイ、どうやって選んでますか

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.01.12


 ◆妻だってよくわからないネクタイ選び


 今年の最初のメルマガは、

 男の服装で、最も目立つもの、ネクタイについて考えます。


 その人の人生観まで見抜かれてしまう、とまでは思いませんが、

 どのくらいお金をかけているか、

 どのくらい服装に配慮しているか、

 センスの善し悪し、

 そういうものを物語ってしまうのが、ネクタイです。


 超・ものぐさ亭主の場合、

 ネクタイは結びっぱなし。

 ゆるめるだけで、頭から抜いて、その辺のフックにかけておく。

 そして、また翌日も同じネクタイをスポンと首にはめ込んで、

 ちょいちょいと締めていく。

 そんなことしている人もいます。

 これだけはやめてもらいましょう。

 あんまりです。


 それから、ネクタイの結び目のあぶらジミ、

 ほつれ、食べこぼし、そんなネクタイ、

 ほったらかしにしてませんか。


   つづきは、こちらから。

   メルマガは、一週間たつと、最新号に更新されます。
   ぜひ、購読登録を。

   http://www.mag2.com/m/0000175968.html
posted by 妻野 at 13:59 | Comment(0) | 今週のめるまが

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。