3月29日◆ロンドンのきらめきが薄れていく…

 きょう、ロンドンで撮った写真の大半を現像してきました。

 デジカメなら…よかったのですが、

 実は、私、フィルムのカメラをいまだに愛しているもので、

 その上、ここへの写真のアップがまだよくわかってない…


 そんなことで、

 即、掲載できず、ゴメンナサイ。

 でもここへの写真掲載も努力してみますが、

 きょうのところは、話だけでお楽しみください。


 
 ロンドンの写真を見て、

 しみじみ思ったことは――

 表題のとおり、ロンドンのきらめくような記憶が

 あたふたした日常に押し流されて、消えていってるなーと

 いうことです。

 おお、もったいない、もったいない。

 少しでもキラキラしているままで、書き残さねば。




 石造りの古い街のたたずまい、

 雨に濡れた舗道に光るちいさな水たまり、

 ペンキを塗り重ねた分厚いドアに光る真鍮のドアノブ、

 暖かい色の電灯のともる店のウィンドウ、

 その中できらきらと輝く銀の喫煙具や葉巻、

 上品なピンクのシャツに深い光沢のおしゃれなタイ、

 すべてが手作りの値段表示のない革靴、

 足早に歩いていく細身のスーツの男たち、 

 外までもれてくるパブの立ち飲み客たちの話し声…

  

 
 我々の泊まったホテルのすぐ近くにある

 ジャーミン・ストリートの夕暮れの光景です。


 オトコの装いの店のほとんどは、

 平日は、夕方6時、

 土日にいたっては、5時にしまってしまいます。

 時間でぴたっと入口の鍵を閉め、店内は無人です。

 道路の面したウィンドウだけは明かりが灯り、

 それぞれの店の個性的なディスプレイが

 夕闇に輝いています。

 客に媚びていないきりりとした商売ぶりが伺えます。



 もしオトコなら、

 こんな店のおなじみになりたいものだわと思った

 妻野です。


    あんまりごぶさたするものだから
    見事にランキングの底まで落ちてしまいました。
    お気持ちがあれば、どうか一つ、クリックを。

    皆様のクリックがどんどん妻野を押し上げます。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    人気blogランキングへ

posted by 妻野 at 07:00 | Comment(2) | きょうの妻野

3月28日◆ロンドンから戻ってます

 
 このブログ、なかなか書き込みできず、

 申し訳ないコトいたしました。

 中3の息子の卒業、直後からのロンドン旅行、

 これらが終わり、やっといつものペースを取り戻しつつ
 
 あります。


 メルマガをお読みの方にはお知らせしましたが、

 わけあって、3月19日〜26日まで6泊8日の

 ロンドン旅行してきました。

 一人なら何でもできる旅でしたが、

 夫、息子が一緒の旅ですから、ま、悲しいかな、

 添乗員状態に近い旅でした。

 
 でもでも、それでも、

 ロンドンはステキな街でした。


 魅力的なものが多すぎて、めまいがしそうなくらいでした。

 歴史のある街特有の、

 京都の街と共通する「おなじみにはやさしいが、

 ふるまい方のわかってないヤツには冷たい」みたいな

 ちょっと格式張った部分にも触れてきました。

 それは、あえて観光客だらけでない部分に触れてみたから

 味わえた体験だと思っています。



 イギリス人と本当に友達になるには時間がかかると

 聞きました。そんな感じ、実際にしました。

 でも、いったん友だちになると、それはそれは深い

 つきあいが始まり、一生の友になるんだそうです。

 
 それと同じで、

 東洋人などめったに来ない店に入っていくと、

 にっこり笑顔ばかりでなくて、こわい顔で見られたり、

 わきまえがないと、叱られたりもします。

 なんだけど、その格調高さがまたまた魅力的だったりする

 のです。あえて、そういう部分に踏み込む旅でした。

 文化の違いを考えながらの旅でした。

 そして、気づいたことがいろいろありました。


 日本人もずいぶん前からスーツを来ていますが、

 なぜ、イギリス人の男たちのスーツ姿がかっこいいのか、

 そんなことも考えました。

 おいおいメルマガでご報告します。


 人の品格やわきまえ、たしなみ、服装、マナー、

 そういうことを考えながらの旅。

 だから、実のところはかっこわるい失敗談も数知れずです。

 乞うご期待です。

    あんまりごぶさたするものだから
    見事にランキングの底まで落ちてしまいました。
    お気持ちがあれば、どうか一つ、クリックを。
    ランキングの底なし沼から救ってくださいまし。
    どうぞよろしくお願いしたします。

    人気blogランキングへ
posted by 妻野 at 23:58 | Comment(0) | きょうの妻野

今週のめるまが■15■ロンドンで考える「かっこよさ」

第15号 ロンドンで考える「かっこよさ」 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.03.21


 ◆まずは、おわびを申し上げなくては…


 先週、金曜にちゃんと第15号を配信してから、出かけるはずでしたのに、

 予想外の事態がいろいろと発生、

 結局のところ、週末に配信できず、ご迷惑をおかけいたしました。


 「迷惑だなんて、ぜんぜん平気〜」

 「え、えー? そうだったの…」と気づいてもおられない方も
 
 多くおいででしょう。

 でも、数の多い少ないにかかわりなく、待っててくださった皆様、

 本当にごめんなさい。

 深く深くお詫びします。



 実は、皆さんを驚かせるようですが、

 妻野、ただいまロンドンのど真ん中、某所でこれを書いております。

 いつの間に???ですよね。


 当家の娘がただいまロンドンの大学に交換留学生として暮らしており、

 7月までには帰国予定なんです。

 そこで、今のうちにと、

 夫、息子、とともにやってきちゃったんです、ロンドンに。



 そんなことで、突然ではございますが、

 遅配をお詫びしつつも、ロンドンからお送りする特別な第15号です。
posted by 妻野 at 23:59 | Comment(0) | 今週のめるまが

今週のめるまが■14■男のかっこよさって…何?

第14号 男のかっこよさって…何? 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.03.11


 ◆アカデミー賞授賞式で一番かっこよかった男

 
 それは――

 会場の最前列、真ん中あたりで

 チャーミングなにこにこ顔ですわっていた男、

 ジョージ・クルーニーでしょう。



 ええ、どうして?

 だって、そんなの見てないもん…

 いつ、やってたの?

 なんて、いろいろ声が聞こえてきそうですね。


 はい、確かにこの授賞式、WOWWOWでしか放送してません。

 独占生放送でしたから、よほどの好きな人でないと見てませんよね。

 それに、この授賞式、3月6日の朝から、

 それも3時間以上にわたる長さだし、

 映画好きじゃなくっちゃ、とてもつきあっていられませんね。

 主要な賞の受賞者さえ、わかればいいことですもの、

 普通の方にとっては、ね。


 ですが、あえて、きょうは、

 このジョージ・クルーニーに見る、

 男のかっこよさの研究します。

 もし、

 そんなヤツ知らないよっていう方がいらしたら、

 この際、彼の出てる映画など、見てください。


 TVシリーズ「ER/救急救命室」で有名になった彼ですから、

 それもいいんですが、最近の映画なら「オーシャンズ11」

 小気味のよい泥棒たちの大仕事の話。

 妻野のおすすめは

 おしゃれな離婚ネタ・コメディ「ディボース・ショー」

 そして、まだ自分が見てないのにおすすめもなんですが、

 すでに大いに話題の中東問題を扱った映画「シリアナ」

 この映画で、彼は今年のアカデミー賞助演男優賞を取りました。


    彼は、この受賞スピーチをかっこよく決めました。

    その内容というと…


       つづきは、こちらから。
       公開されるメルマガは、
       一週間たつと、最新号に更新されます。
       ぜひ、購読登録を。
       http://www.mag2.com/m/0000175968.html
posted by 妻野 at 23:59 | Comment(0) | 今週のめるまが

3月8日◆夫の誕生日に復活!

 きょうは夫の誕生日であります。

 奇しくも、この日にブログ更新を復活いたします。

 何にも関係ないと言えばそれまでですが。



 私事にさまざまありまして、くたびれてしまい、

 腰くだけになっておりました。

 そんなことでわがままをさせていただき、

 ブログの更新、滞ってしまいました。


 足しげくかよっていたみんなのたまり場に、

 しばらくご無沙汰してしまって、なんだか顔を出しにくくなるような

 それに似た、うしろめたさがあって、

 たいへん不義理をしてしまいました。

 でもよく考えれば、このたとえはおかしいですね。

 店の主人は私なんですから、

 おもてなしするはずの店主がくたびれたと、

 ふとんかぶって寝てたみたいなことですもんね。 


 そんな怠慢な妻野のブログにもかかわらず、

 毎日だれかがのぞいてくださって、

 「おーい、妻野さーん、元気? どーうしたのー?」って、

 心配していただいている気配だけは感じておりました。

 それにお答えすべく、また発信します。


 
 それから――

 ご報告しておかねば。


 当家の長男、第一志望の都立高校に合格しました。

 試験当日は、もうダメみたいな顔で帰ってきた息子でしたが、

 一週間後の発表日、うれしい結果を得て、

 ほんとうにほっとしています。



 その結果、

 まもなく我が家から、義務教育課程の子どもが消えます。

 以前から、母としては待ち望んでいたこのときですが、

 いざそうなってみると、

 いろいろとよぎるものがあります。

 若者の「旅立ちのとき、近し」の春です。


 そしてそして、

 さらに、時がたてば、

 夫婦は二人だけになるのです。


 そう…そうならねば、です。

 パラサイトされたり、出戻りされたり、

 いまどきの娘や息子、何するかわからないのがこわいです…。

    「また、来てやるよ」と
    思ってくださったかた、どうぞ1クリックしてね。
    あなたの1クリックが新たな読者を呼び込みます。 
    人気blogランキングへ

 
posted by 妻野 at 23:55 | Comment(6) | きょうの妻野

今週のめるまが■13■夫のスタイリストはあなた

第13号 夫のスタイリストはあなた 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.03.03


 ◆男の服装の基準とは


 前回のワイシャツの話、

 思った以上に反響がありました。

 その中身は、いたってシンプル。

 「いいものを着せて、その良さを学ばせてあげましょう」でした。


 今回は、もう少し話を広げて、

 「仕事をする男の服装」のあるべき姿について考えます。

 そして、妻ができることについても、ね。


 日本人が着物を着ていた時代には、

 男の服装にはそれほどのヴァリエーションもなく、

 選ぶにも苦労することはなかったでしょう。

 身分や職業で、服装もはっきり区別がありました。


 でも、今はバリッとしたスーツからカジュアルなもの、

 スポーティなもの、作業着、果てはジャージ、短パン、

 パジャマ同然のスウェット上下まで、ホントにいろいろな服装があります。

 その中からどういう基準で仕事の服装を決めていくか、

 それには、まず、職種が大きくかかわりますね。

 仕事のしやすさ、会う人に不快感を与えないかどうか、

 そういうことによって、おのずと決まる、そうでしょう。

 
 そこで、妻のできることってなんでしょう。

 とてもこだわりのある夫だったら、おまかせ…

 普通の夫には、普通のものを買ってきて着せる。

 どうでもいい夫には、どうでもいいものを着せちゃう。

 それだけ?


 そこで、ご提案したいのは、

 「妻は、意識的に夫のスタイリストになりましょう」です。

 男の服装なんてわからない、なんて言ってないで、

 ときには、男性ファッション誌を見て、勉強しましょう。

 スーツを着ないご主人についても、妻にできることがあります。

 とにかく毎日、気を配り、見てあげること。

 人に不快感を与えない格好になっているか、

 まず、チェックしてあげてくださいね。 
posted by 妻野 at 03:00 | Comment(0) | 今週のめるまが

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。