今週のめるまが■20■ 春だから脱力のススメ

 この2週間の間に、

 めずらしく臨時増刊みたいな形で、ロンドンの失敗談特集を

 書いてきました。

 それも一段落。

 通常の妻野加賀美の

 「夫プロデュースめるまが」に戻りますね。

 きのうから立て続けに発行ですが、

 金曜が通常の発行日ですもの、

 あららと遅れちゃった気分です、妻野としては。

 では――――

 

第20号 春だから脱力のススメ  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.04.15


 ◆マナーだって、究極は脱力

 
 なんじゃ、それ?

 と思うかも。

 イギリス帰りでマナーのことが頭から離れなくなったわけ

 ではありません。

 今夜ある番組で取り上げていた映画「ニューヨークの恋人」の

 ヒュー・ジャックマンがインタビューの中で言ったことです。

 ちょっとは、妻野流のひねりが入ってますが。



 この映画、週末、疲れた女性にはおすすめの軽ーい映画です。

 ラブコメディの女王メグ・ライアンが主演、

 そして、そのお相手がヒュー・ジャックマン。

 彼の役は、125年前の騎士道の時代のイギリスから

 突如、時空を越えて、現代のニューヨークにやってきた王子様。

 つまり、洗練されたイギリス貴族なわけです。
 
 でも、実際の彼は、

 オーストラリア生まれ。

 言葉から、身のこなしまで、

 貴族を演じるにあたって、いろいろと苦労があったはずです。

 でも、彼はそのことを聞かれてこう言っているんです。

 「すごく姿勢がいいって、見た目きゅうくつそうだけど、

  実は、その人自身はとてもリラックスしているし、

  相手にもそういう風に感じてもらうためのものなんだ。

  マナーっていうのは、人を縛ったり、拘束するためのものじゃない

  っていうことだよ」

 そんなふうなことを彼は語ってました。

 きっとそういうふうに教えられたんでしょう。

 でも、確かにマナーの神髄ってそういうことだと思います。

 差別化の道具なんて、いじわるなことは言わないで。



 ◆◆もたれかかりたい女性の望むこと


 妻野も以前に、その映画、見ましたが、

 彼のものごし、身のこなしは実にエレガント。

 脱力系女優メグ・ライアン演ずるくたびれキャリアウーマンと

 ものすごく対照的で、笑えます。


 また、女性はメグ・ライアンが癒されるのと同時進行で癒されます。

 きりりとした姿勢の彼にべったりもたれかかって

 寝てしまう彼女に、自分の姿など見てしまうのです。

 そして、一緒に見た殿方は、女性のしてほしいことが

 わかるはずです。

 貴族のように、白馬にまたがったりできなくても、

 「ふむふむ、こんなことがうれしいんだ…」と学ぶこと多しです。

 ぜひ、パートナーとごらんなさい。

 
 あたしもちょっとお疲れなの、

 と知らせたい時、ほどよい映画です。


     つづきは、こちらから。
     公開されるメルマガは、
     次の号が出ると、最新号に更新されます。
     ぜひ、購読登録を。
     http://www.mag2.com/m/0000175968.html

  読めなくなっちゃった記事のつづきをどうしても
  読みたい方はこちらへ。妻野が個別対応します。
  e-mail: x-yam@rio.odn.ne.jp
posted by 妻野 at 01:37 | Comment(0) | 今週のめるまが

きょうのメルマガ■19■LONDON 失敗談その4

第19号 ロンドン報告:かっこ悪い話 その4 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.04.13


 ◆世界一高い地下鉄って

 
 ロンドンでの移動手段、

 市内の中心部は、ほとんどは地下鉄かバスを使いました。

 急ぐ時はタクシーも使いました。

 あの箱形の黒塗りのクラシックな形の車。


 日本と同じ感覚で、タクシーは高いだろう、

 だから当然、地下鉄かバスと思っていたら、

 なんと地下鉄の初乗りは3ポンド。

 1ポンドが204円とかですから、600円以上!

 ありえない高額の地下鉄です。

 だから世界一高い地下鉄なんです。



 バスだって1.5ポンド。

 ぐるぐると市内を移動してまわるなら、

 一日乗車券のようなものもありますが、

 ある場所に行って帰ってくるだけだと、もったいない。

 さて、きょうは何で移動するか、

 どうしたら安上がりかを考えるのも毎日の課題でした。

 乗らない、歩く、も選択の一つでした。

 日本では考えられないくらい、よく歩きました、実は。



 オイスターカードという

 suicaのようなカードを持つと、

 ある区域内はバスも地下鉄も乗り降り自由になるので、

 学生である娘はそういうカードを持っていました。



 そういうわけで、家族3人で移動なら、

 タクシーを使った方が楽で安い場合もあるわけです。

 タクシーは日本と同じようなメーター制で、

 初乗り1.5ポンドですから。



 ◆◆時間にルーズといっても


 第2日日、中心部から約10キロほど離れた

 ロンドン郊外のウィンブルドンへ行きました。

 あの有名なセンターコートのすぐ近くの

 夫の元・同僚のお宅へ伺うためです。



 交通機関は、鉄道を利用。

 車内は、向かい合わせの4人がけとドアのそばの2人がけが

 混じった作りで、日本の列車みたいな感じ。

 20分ちょっとのことですが、

 小旅行気分でした。

 
 あわただしい移動だったので、

 お昼は、車内で食べようと、

 それぞれ思い思いの食料を買い込み、乗ることに。


 息子は、駅舎内のバーガーキングでダブルバーガーのような

 ちょっと大きめのハンバーガー1個と

 500mlのペットボトルのスプライト。

 それだけが、なんと1000円以上するんです。

 これまた高い!


 オトナは小さなパンにしました。

 始発駅だし、ジュースやらなんやら買って、

 早めに乗り込み、よさそうな席を確保しよう、

 お昼も食べてしまおうと、

 ギリギリすべり込みが多い私たち家族ですが、

 珍しくゆとりを持って、乗り込みました。


 もし、そうでなかったら…

 そうなんです。

 ちょっと早めだからよかった。

 だって、列車は定刻より45秒も前に出ちゃったんですもの。



 私、おもしろがって見てたんです。

 ホームに秒まで表示のデジタル時計があったから、

 きっと遅れるんじゃないかと。

 それがなんと、早く出ちゃった!

 いやー、全員乗っててよかったよかったとほっとしました。

 恐るべしイギリスの鉄道…。


     つづきは、こちらから。
     公開されるメルマガは、
     次の号が出ると、最新号に更新されます。
     ぜひ、購読登録を。
     http://www.mag2.com/m/0000175968.html

  読めなくなっちゃった記事のつづきをどうしても
  読みたい方はこちらへ。妻野が個別対応します。
  e-mail: x-yam@rio.odn.ne.jp


posted by 妻野 at 18:29 | Comment(0) | 今週のめるまが

きょうのメルマガ■18■LONDON 失敗談その3

第18号 ロンドン報告:かっこ悪い話 その3 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.04.07


 ◆ロンドンのつづきの前に入学式のことなど


 きょうは、息子の高校の入学式でした。

 バイク・自動車による登校、そして飲酒・喫煙が禁止されて

 いるくらいで、ほとんど校則のない自主自律が看板の高校ですから、

 もちろん制服もなし。

 そんな学校の入学式に集まった324名の若者が着てきたものは?



 4分の3くらいは、もとの中学校の制服ないしは市販の制服的なスーツ。

 ちょっとなーんだって感じでした。女の子も同じ。

 もっと型破りな子がいることを期待したのですが、見事に裏切られました。

 やっぱり型破りにはエネルギーが要るんですね。

 勉強がたいへんだった彼らには、

 そんなところで型破りなんか必要なかったのかしら。


 もっとも型破りだったのは、

 普通のズボンにジャージの上着をはおっただけの子と、

 どこから持ってきたの、それお父さんのスーツ?というような

 若者には不似合いなスーツ上下の子。

 ビシッとスーツを決めて着るには、まだまだ君たち幼いねというのが

 実情でした。


 さて、まだまだつづく、臨時増刊号です。

 夫プロデュース「家族旅行編」、

 ロンドン旅行での我が家の内情、失敗暴露特集その3であります。


 今回はパブとスーツの話。

 ちょっといつもと違う感じできりりとお届けします。

     つづきは、こちらから。
     公開されるメルマガは、
     次の号が出ると、最新号に更新されます。
     ぜひ、購読登録を。
     http://www.mag2.com/m/0000175968.html

     読めなくなっちゃった記事のつづきをどうしても
     読みたい方はこちらへ。妻野が個別対応します。
     e-mail: x-yam@rio.odn.ne.jp
posted by 妻野 at 23:59 | Comment(0) | 「夫育て」って何?

きょうのメルマガ■17■LONDON 失敗談その2

第17号 ロンドン報告:かっこ悪い話 その2 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.04.05


 ◆家族旅行をぶっこわすものは依存心である


 前回の話につづく、臨時増刊号です。

 夫プロデュース「家族旅行編」、

 ロンドン旅行での我が家の内情、大失敗暴露特集であります。


 我が家は、54歳の会社員の夫、52歳の私、

 21歳の大学生の娘、そしてこの春、高校生になる15歳の息子、

 この4人家族です。

 ただいま大学生の娘が一年間だけのロンドン留学中。


 留学中の娘の実態を見届けるべく、

 また息子には、早いうちから世界に目を向けさせようと、

 今回の家族旅行を決断しました。


 それだけ聞けば、おお、すばらしいこと!ですが、

 それが実態は、なかなかの波瀾万丈。

 きょうは、その中でも「依存心」がテーマ。

     つづきは、こちらから。
     公開されるメルマガは、
     次の号が出ると、最新号に更新されます。
     ぜひ、購読登録を。
     http://www.mag2.com/m/0000175968.html

     読めなくなっちゃった記事のつづきをどうしても
     読みたい方はこちらへ。妻野が個別対応します。
     e-mail: x-yam@rio.odn.ne.jp
posted by 妻野 at 23:59 | Comment(0) | 今週のめるまが

きょうのメルマガ■16■LONDON 失敗談その1

 ロンドンへ着く前から、妻野一家のドジは始まっていた。

 次々襲いかかる珍事、失態。



 その記憶が鮮明なうちに臨時号の形でお届けします。

 詳しくは、メルマガでどうぞ。

     つづきは、こちらから。
     公開されるメルマガは、
     次の号が出ると、最新号に更新されます。
     ぜひ、購読登録を。
     http://www.mag2.com/m/0000175968.html
 

 
第16号 ロンドン報告:かっこ悪い話 その1 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.04.03


 ◆家族旅行とはある種のサバイバルゲームである


 前回の話とは、うってかわって、

 ロンドン旅行での我が家の内情、大失敗暴露特集であります。

 このところのメルマガ不定期状態を脱出すべく、

 臨時増刊号など、書くことにしました。


 日本のあわただしい日常の中で、

 ロンドンのきらきらした思い出も、

 二度と思い出したくない大失敗、大失態も、

 日に日に手の中からすり抜けていくようです。

 もったいない…今のうちに書き残しておかねば。


 そんなわけで、消えてしまわないうちに、

 こうやって皆さんに書き送って、おこうとそんな臨時号です。

 夫プロデュース「家族旅行編」と思って、

 おつきあいください。



 ◆◆出鼻をくじく忘れ物

 
 不穏な予兆は、出だしからもうすでにありました。

 成田への高速バスに乗るべく、タクシーを呼び、

 トランクを積み込み、あとちょっとでバスターミナルへ着く

 少し前、タクシーの中の息子をふと見ると、

 これがコートを着てない!!!!

  
  ――つづきは、メルマガ16号にて
http://www.mag2.com/m/0000175968.html
posted by 妻野 at 17:46 | Comment(0) | 今週のめるまが

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。