《うちの夫−5》オレは割引券か

 きのうのメルマガにも書きましたが、

 うちは夫婦50割っていう割引を使って、

 夫婦2000円で映画を見ることがよくあります。

 だって、普通に見たら、オトナ1800円ですものね。


 夫と私をくらべたら、

 そりゃぁー、私の方が圧倒的に映画をたくさん見てきました。

 え、主婦は昼間、ヒマだから?

 いやいや、そうじゃなくて、

 若い頃から通算しての話です。

 
 学生時代には、週に3本、4本と見た頃もあります。

 それくらい映画大好き。

 以前は、2本立てが当たり前でしたしね。


 その昔、小学生の頃は、TVの映画劇場をかかさず、見てました。

 淀川長治さんが映画解説していた日曜洋画劇場が始まったころです。

 そうしたら、あの番組、

 今年が40周年なんだそうです。

 つまり、1966年10月1日が放送開始で、当初は土曜洋画劇場。

 半年後に日曜洋画劇場になったそうです。


 ということは、私は、6年生くらいから見ていたことになります。

 だからなんですね。

 一本一本を結構、ちゃんと覚えてるのは。

 吹き替えだし、CMのために相当カットされたりしてたのでしょう

 けれど、毎週毎週楽しみでした。


 そんな小学生の頃からの映画好きの私なので、

 夫から見れば、ほとんど映画バカ。

 どんなB級映画でも、

 見始めると止まらなくなる、悪い癖もあるし。


 
 というわけで、

 例の夫婦50割を使うにしても、

 気をつけてお誘いしないと、

 ぶっきらぼうに誘ったりすると、

 「オレはどうせ、割引券だろ」と言われちゃうわけです。


 だから、そう言われないように、

 映画バカが丸出しにならないように、

 「あなたと一緒に行くことの楽しさ」を強調しつつ、

 微妙に気をつかう昨今なのであります。
 
posted by 妻野 at 06:00 | Comment(0) | うちの夫・よその夫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。