12月6日◆食:クリスマスケーキ予約しましたか?

 先週、近所のデパートのチラシ、取っておいたのが見つかりません。

 普通はチラシなんか取っておいたりしないけれど、

 そのチラシは、一年に一度だけのクリスマスケーキ予約用のチラシ。

 だって、

 来週の真ん中ごろには、もう締め切りでしたもの。

 真剣にさがさなくっちゃ。



 もう、ケーキの予約しましたか?

 銀座三越ケーキ1161329433.jpg
 

 今朝、さがしていたチラシ、

 数の限定はあるものの、都心の有名店のケーキが予約ができて、

 クリスマス当日に、近所で受け取りができるという

 申し込みカタログなんです。

 東京郊外に住むものにとっては、ちょっとうれしいことです。

 わざわざ暮れの人ごみをかき分けて出かけたりしなくてすむし。


 去年あたりから本格化して、

 今年はさらに店の数も種類も増えています。

 ここでやっているということは、

 結構あちこちでやっているのでしょう。



 で、ついでに、

 パソコンで「2006 クリスマスケーキ事情」なんて検索したら、

 ばっちりの記事がありました。

 Depachika.com.というサイトです。

 その中の「2006年クリスマスケーキ事情」という記事がこれ。

 http://www.depachika.com/column/48/index.html

 今年のクリスマスは23日が土曜日、24日が日曜日なので、

 家庭でケーキを囲む、そういうことからケーキ需要が高まる、

 そういう話です。

 商品紹介は、東京都心のデパート情報が中心ですが、

 へぇーと思うことがありました。


 まず、お値段。

 軒並み、バカ高い…

 10500円、8400円なんていうのがあります。

 それも、すでに完売。

 上の写真のが、銀座三越オリジナル・ケーキ

 18センチで8400円也。

 まだ買えます。

 3000円台なんて少数派で、5000円以上があたりまえ。

 ほとんどが20センチ以下です。

 当たり前のように、数の限定もある。

 格差社会の縮図を見るようです。

 この値段でも買う人が、たくさんいるってことですね。


 一方、生協のカタログには、手作りケーキ材料が載り、

 若いお母さんたちがみんな手作りするのがわかります。

 こんなの贅沢すぎるお値段ですから。


 
 予約販売も、いままで以上にあたりまえみたいです。

 考えてみれば、ウチの地元の評判の店だって、

 クリスマスケーキはほとんど予約客のみに売る感じです。

 「本日は、ご予約のお客様だけです」なんて言われちゃいます。

 ふらっと行って買えるのは、

 駅前や街頭で売っている個性のない普通のケーキばかり。


 さーて、

 お手頃感のある「おいしいケーキ」をお望みなら、

 お早いご予約を。

 私も、もう一度、真剣にチラシさがします。 
 
posted by 妻野 at 14:00 | Comment(0) | きょうの妻野
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。