《よその夫−1》Mr.はいどうも

 
 このごろ、悪名高い存在になっていやな思いをしている方も多いだろうと、

 私が密かに同情しているのが「一級建築士」のみなさん。


 うちの上の階にも、お一人おられます、一級建築士が。

 こちらは、大手企業の建築士さんなので、

 その仕事ぶりは、きっと大したものなんだろうということはわかります。

 団地の管理組合総会などでも、的確な質問を次々なさるし、

 頭のキレが違う感じ。


 ただ、この方、階段で会うと、

 そのごあいさつが、いつも「はい、どうも」

 これだけなんです。

 50も過ぎたおじさんなのに「はい、どうも」しか言わないってどうなの?とか、

 ここは建設現場じゃないし、私はあなたに雇われた業者さんじゃないし、とか、

 これを言われるたびに思っていました。

 そうしたら、うちの家族みんながこの「はい、どうも」に

 同じ違和感を持っていたことが判明。


 即、彼のあだ名決定。

 もちろん「はい、どうも」です。

 大事な一人息子が有名私立高校、行ってるからって、

 妻がGパンなんか絶対はかない、可憐な奥様だって、

 自分が一流の一級建築士だって、

 ごあいさつをちゃんとできないのって、恥ずかしいと思うのです。

 でも、きっとこの人、この地位だと、だれももう注意してくれる人もなく、

 一生終わるんだろうな、と。

 
 どんなにえらくなっても、ごあいさつはきちんとしましょうと

 子どもに諭す妻野です。
 
posted by 妻野 at 12:24 | Comment(2) | うちの夫・よその夫
この記事へのコメント
メルマガ紹介で見て、すぐに登録してしまいました。このブログに来て、うん、うちの夫と同じ年。
うん、うん、とうなずけること多しです!
挨拶できない夫達って結構います。今まで住んだことのあるご近所さんで2人はすぐに浮かびました。ひとりはお医者様。きっと人に頭下げてもらってばかりだから、挨拶で頭下げること知らないのでしょう。ちらっと頭だけ下げて言葉が出て来ない人もいます。こちらは声を出して「おはようございます」って言っているのにねぇ。
来週のメルマガも楽しみにしてます。
ここのブログにもまた来ます〜。
Posted by zukushi at 2005年12月01日 22:50
zukushiさん
何度も「うん」を、ありがとうございます。
同年配なのかしら。
「うなずけること多しです」っていうのが、とてもうれしいです。
これからも、よその夫観察、つづけていくつもりです。
そちらでも、どこかで、おもしろい夫、不思議な夫、変な夫、
みつけたら、教えてくださいね。

少しずつですが、いろいろな記事を増やしていきますので、
毎日、のぞきにいらしてくださいね。
そして、また感想をお聞かせください。
こちらこそ、楽しみにしてます。
Posted by 妻野 at 2005年12月02日 02:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。