■ようこそ■「夫育て」って何?

 ここまで、来てくださったあなた、どうもありがとうございます。

 これは、
 「週刊めるまが■夫。をプロデュース■」
   http://www.mag2.com/m/0000175968.html
 を書いている妻野加賀美のブログです。

 バックナンバーの紹介、今は一部だけですが、
 徐々に全文公開していきます。
 過去のめるまがのつづきが読みたいときは、どうぞご遠慮なく、
 妻野にメールください。あなただけにお届けします。

 ■ 

 「夫育て」については、
 24年ほど、地道に実践的研究を重ねてまいりました。



 夫婦がお互いを大事にしあえる関係をじっくり続けていくために
 妻が「夫に手をかけ、はぐくむ」そういうことです。
 そして、
 夫にニコニコ暮らしてもらおう、妻もニコニコ暮らそう、
 そんなことをめざしています。

 ここでは、メルマガで語りきれなかったことなど綴っています。 

 ■

 「夫育て」って何?、もっと知りたい
 と思う方は、創刊準備号があるので、どうぞお読みください。



創刊準備号はこちらから↓
posted by 妻野 at 00:00 | Comment(16) | 「夫育て」って何?

きょうのメルマガ■18■LONDON 失敗談その3

第18号 ロンドン報告:かっこ悪い話 その3 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2006.04.07


 ◆ロンドンのつづきの前に入学式のことなど


 きょうは、息子の高校の入学式でした。

 バイク・自動車による登校、そして飲酒・喫煙が禁止されて

 いるくらいで、ほとんど校則のない自主自律が看板の高校ですから、

 もちろん制服もなし。

 そんな学校の入学式に集まった324名の若者が着てきたものは?



 4分の3くらいは、もとの中学校の制服ないしは市販の制服的なスーツ。

 ちょっとなーんだって感じでした。女の子も同じ。

 もっと型破りな子がいることを期待したのですが、見事に裏切られました。

 やっぱり型破りにはエネルギーが要るんですね。

 勉強がたいへんだった彼らには、

 そんなところで型破りなんか必要なかったのかしら。


 もっとも型破りだったのは、

 普通のズボンにジャージの上着をはおっただけの子と、

 どこから持ってきたの、それお父さんのスーツ?というような

 若者には不似合いなスーツ上下の子。

 ビシッとスーツを決めて着るには、まだまだ君たち幼いねというのが

 実情でした。


 さて、まだまだつづく、臨時増刊号です。

 夫プロデュース「家族旅行編」、

 ロンドン旅行での我が家の内情、失敗暴露特集その3であります。


 今回はパブとスーツの話。

 ちょっといつもと違う感じできりりとお届けします。

     つづきは、こちらから。
     公開されるメルマガは、
     次の号が出ると、最新号に更新されます。
     ぜひ、購読登録を。
     http://www.mag2.com/m/0000175968.html

     読めなくなっちゃった記事のつづきをどうしても
     読みたい方はこちらへ。妻野が個別対応します。
     e-mail: x-yam@rio.odn.ne.jp
posted by 妻野 at 23:59 | Comment(0) | 「夫育て」って何?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。